5つの専門領域

Our 5 major areas of study

研究理解科目(必修)Research understanding subjects (Required)

地域社会調査法入門(基礎調査)

地域社会(コミュニティ)における人々の活動を対象にした研究を的確かつ効果的に進めるために必要な社会調査法のうち、基礎調査に相当する内容を中心に扱います。具体的には、地域社会に関係する多様な領域に関する文献や情報、地域の諸活動の中から生み出された文献や情報、ならびに、地域の出身者が執筆・編纂した文献や情報を渉猟(検索・入手・活用)するための手法を学習します。

地域社会調査法入門(統計調査)

地域社会調査法入門(基礎調査)で学んだ知識と技術を活かしながら、地域社会(コミュニティ)で活動する人々の様態と、そうした人々の意識に関するデータを収集できるように、社会調査の手法のうち、統計調査に相当する内容を中心に扱います。とりわけ、質問紙(アンケート)調査と面接(インタビュー)調査を中心に、調査計画の策定、調査技法の実際、得られたデータの分析手法の理解を到達目標に据えた学習を進めます。

地域社会調査法入門(質的調査)

地域社会調査法入門(基礎調査)と同(統計調査)で学んだ知識と技術を活かしながら、地域社会(コミュニティ)と関わりながら、コミュニティの実態とそこで活動する人々の状況に関する質的な面の調査手法の基礎を学びます。とりわけ、フィールドワーク、事例研究(ケーススタディ)の実際について理解し、質的データの分析に関する原理に関して認識することを到達目標に据えて学習します。