教育の特色

Educational features

メッセージMessage

新しい時代の要請に応える、
「地域に向き合える人材」を育てます。

青山学院大学には、国際政治経済学部や地球社会共生学部などで国際貢献やグローバル人材を育成するプログラムがあります。しかし、日本の中にはもっと日常的な貢献の必要性もあります。今、地方は、高齢化、過疎化、産業の衰退、環境問題などさまざまな課題に直面しています。そこには経済的アプローチだけではなく、地域にあるものの価値を知り、継承し、コミュニティを尊重した対応が必要です。「地の塩、世の光」を実践するのは、そうした地域の力になる人材です。

2019年4月に開設予定の「コミュニティ人間科学部」には5つの専門科目群があります。「子ども・若者活動支援プログラム」「女性活動支援プログラム」「コミュニティ活動支援プログラム」「コミュニティ資源継承プログラム」そして「コミュニティ創生計画プログラム」。学生はこの中から重点的に学ぶ領域を選び、必要な科目を自由に履修することができます。主な特長としては、地域実習が必須となっています。地域づくりのサポート、教育支援活動、博物館の活動など、地方の大学や企業、自治体やNPOと連携して、さまざまな体験的実習で、地域の課題解決に必要な力を身につけることができます。

卒業後は地方公務員、NPO活動、地域金融機関、一般企業、図書館司書や博物館、美術館の学芸員など、地に足のついた将来像が考えられます。新しい学部は自分の生活を意識し、他者との関係をきちんと考えられる人が向上できる揚所です。

新学部開設準備室 室長
鈴木眞理教授

教育の特色
Educational features

地域を理解し、体験することからはじめ、地域づくりのための具体的な手法を学んでいきます。
さらには、学び続ける姿勢や柔軟な対応力を重視し、活躍し続けられる人材を養成します。

Feature
.01

地域活動の基礎的な理解を深める
教育学・社会学の観点から、地域で活動する人々(成人一般/子ども・若者/女性/障がい者/高齢者)を理解する。
地域で活動する人々の自己形成支援・生涯学習支援の手法を学ぶ。
地域をささえる行政施策についての理解を深める。

Features.02

地域活動を体験する
地域実習で人々の地域活動を実際に体験する。
全国の市町村・施設・NPOと連携し地域課題の抽出、活性化の方策を考える。

Feature
.02

地域の活動を体験する
地域実習先

地域施設:
図書館・博物館・公民館・青少年教育施設・文化施設・スポーツ施設

地域活動:
ボランティア活動・NPO活動・スポーツ活動・地域福祉活動・子どもの学校外活動・地域学校協働活動

Feature
.03

地域づくりの基礎を学ぶ
基礎的な文献調査・量的調査・質的調査の方法論を身につけ、地域の実態を分析する手法を習得する。

Features.04

能動的な学習や研究の姿勢を
身につける

Feature
.04

能動的な学習や研究の姿勢を身につける
アクティブラーニングの環境のもとで、能動的な学習や研究を進める。
専門的知識に裏打ちされた、他者との協働や、状況への柔軟な対応力を養う。

Feature
.05

専門的な資格につなげる
学部独自の学びを活かしつつ、地域社会で活躍できる多彩な資格が取得できます。
専門的な資格につなげる

3つのポリシー
Three policies

1 Admission Policy
アドミッションポリシーー 入学者受け入れの方針
2 Curriculum Policy
カリキュラムポリシーー 教育課程の編成方針

コミュニティ人間科学部では、子ども・若者、女性、高齢者、障がい者など、社会的弱者と位置づけられてきた人びとが、自律的な存在として活動できる環境を整えることに貢献できる人間を世に送り出そうとしている。
そのためには、それぞれの人びとの置かれている社会状況を総合的にふまえた上で、教育・福祉、職業・文化、心理、制度・行政等の諸側面から、専門的に現状を分析し、問題状況を理解し、必要な解決策を検討し、行政や民間諸機関の具体的な行動計画を策定、遂行できるような能力を身につけることができるような科目を配置することとする。
また、専門教育課程を支える教養教育課程に関しては、青山学院大学全体の共通教育科目である「青山スタンダード科目」の理念に基づいて、教養教育科目を配置する。

3 Diploma Policy
ディプロマポリシーー 学位授与の方針

(1) 社会的な問題に関する実践的な関心
(2) 広い社会科学的な素養
(3) 地域に住む人間についての共感的な理解
(4) 問題の実践的な解決方策への関心
(5) 共生という発想からの行動力

などを備えた人間を卒業生としての最低の要件であると考える。これは、本人が地域で活動できる能力を身につけさせることとともに、地域で活動する人びとを支援できる能力を身につけさせるということでもある。本学部は、「教育学・保育学」ならびに「社会学・社会福祉学」を中心とする学問分野を教育・研究する学部として、学生を育成しようとするものである。