コラム

Columns

Vol.1

オープンキャンパス模擬授業
「地域の未来と博物館」より
安斎 聡子 准教授

今日、お話しするのは、地域の中の博物館についてです。皆さんは博物館というと何をイメージするでしょう。たとえば、沖縄県の恩納村博物館では、沖縄ならではの伝統的な暮らしのゾーンがあり、先史時代の海を越えた交流を伝える展示物、沖縄戦での過酷な体験もテーマとなっています。
三重県の四日市市立博物館、ここには、1950年代に四日市市で起きた公害、四日市ぜんそくの概要とそれを克服するために闘い抜いた人々の歴史が紹介されています。長崎県の壱岐市立一支国博物館のテーマは魏志倭人伝に出てくる一支国です。一支国の都と人々の暮らしぶりを大きな模型で再現しています。
このように、博物館ごとにテーマがまったく違うことがわかると思います。でも共通点がひとつあります。それは、「博物館は地域の資料を編集する」ということです。地域が積み重ねてきた歴史や文化、自然環境などにスポットを当てて、もっと意味のあるもの、価値のあるものにリファインしています。

そして、地域の博物館には、さらにもうひとつ「地域の資源を創造する」という働きもあります。三重県鳥羽市の青都とばミュージアムの例です。ここは鳥羽市の商工会議所が主体となって4つの地区をまるごと博物館として捉えて展開している屋外博物館です。その中のひとつ相差(おうさつ)地区は、小さな漁業の町で海女の数の多いことで知られています。
そこで、地元の人たちが、むかし石神さんという信仰があったという記憶を辿り、埋もれていた地域の文化を再生しました。この石神さんは、海女文化と関連した信仰で女性の願いを叶えてくれるパワースポットとして広まり、全国から多くの女性の参拝者を集めています。
これは空想ではなく、そういう信仰が実在したという記憶を再現したものです。ここで重要なのは地域の人たちが自分たちの視点で地域を編集し、創造したということです。
それが人を集めることになれば、経済的な活動も生まれ、地域の活性化にも繋がっていきます。地域の博物館を考えることで、地域の未来を開くことができる。そこに関わる意義は非常に高いと私は思うのです。

一覧に戻る